So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ビートたけしが吉本興業に苦言 新・情報7days [テレビ]

ビートたけしが熱く語る


anger.jpg
大物お笑い芸人のビートたけしが、新・情報7daysニュースキャスターのなかで、雨上がり宮迫とロンブー亮の謝罪会見を受けて珍しく熱く語っていましたね。数分間にわたって一気にまくし立てているので順を追って要旨をまとめてみます。

芸能事務所は女衒(ぜげん)のような人買い事務所である。お笑い芸人は猿回しの猿である。その猿が人に噛みついたとしたら猿回しが謝るべきである。

涙を流すような会見をするとそのイメージが見た人の頭の中に残るからやってほしくない。芸事はそういうものを全て忘れたところに成立している。

闇営業をしないと生活できないような事務所の契約はおかしい。若手芸人は収入を公開したほうがよい。生活できないぐらいなら最初から雇うべきではないし、雇うなら最低限の保障はするべき。

芸人が恥ずかしい姿をさらすこうした会見はしてほしくない。だからこそ、いくらもらったかすぐに言えといった。事務所と一緒に、みんなで謝罪をして謹慎期間をもうければそれで済んでいた。それをしないせいで、週刊誌の続報が続き事態が悪化した。

お笑い芸人に品行方正を求める社会はおかしい。そもそもお笑い芸人は、そうしたことを嫌がる人間がやっている。言われるがままに品行方正にしていたら「つまらない」、「危険度がない」といわれる。視聴者が、両方からものをいうので綱渡りを強いられて大変だ。

ざっとこんな感じでした。どうでしょうか。たしかにあの痛々しい姿を見てしまうとなかなかすんなりなかったことにするのは難しいかもしれませんね。笑うときに頭をよぎるのは避けられないでしょう。お笑い全体のイメージに悪影響があるのかもしれませんね。

ビートたけしの発言について


吉本興業への苦言については、その通りでしょうね。岡本社長が22日に会見をするそうなので、またそこで吉本の方針も明らかにされるでしょう。

お笑い芸人に品行方正を求めるなというのは、これは難しい問題ですね。

後輩に無理強いする(パワハラ)異性の体をさわる(セクハラ)ツッコミであたまをたたく(暴力)隠し撮り(盗撮)尾行(ストーカー)。

テレビでやっていることは、世間では法律や条例で禁止されてきていて、犯罪要素になっていることも頭に入れておいたほうがいいかもしれませんね。不快に感じる人が昔よりも大幅に増えているはずです。10年ぐらいのズレがあるのではないでしょうか。

また、テレビを見ているとお笑い芸人はバラエティ番組の枠を飛び出しています。横断的に全てのジャンルに顔を出します。たとえば、ニュースを扱う番組に出演している芸人もいます。

ニュースの中には政治問題もあります。チェックが働くのは自然なことですね。アンカーマンが無法者だと具合が悪いような。

政治問題と一線を画している代表的な芸人としては、明石家さんまがいますね。もっと真似する人が増えてもいいのではないでしょうか。

お笑いについて


お笑い全般に関していえば、これは面白いこと、これは面白くないこと、と笑っているのに○×をつけたり、笑いに関してプロと素人と線を引いたり、こうしたお笑い論の積み重ねも、今になってはねかえってきているかもしれませんね。

単純さがなくなっているのではないでしょうか。あの人は笑いがわかる人わからない人、視聴者まで毒されて笑いにうるさくなっている気がしますね。


nice!(2) 

雨上がり宮迫、ロンブー亮、号泣謝罪会見2時間半 [テレビ]

abemaTVで手作りの緊急記者会見を生中継


miyasakoryo.jpg
昨日の段階では記者会見はないということだったのですが、急遽abema TVで2時間以上にわたって、生中継の緊急記者会見がおこなわれました。

もしも記者会見をするならば、契約解消をするか芸能界を引退するかの二択を迫られていたようですね。そして、その二択を拒否して今日の手作り謝罪会見につながるようです。完全に昨日とは見立てが変わってしまいました。

Q&Aをレクチャーされた会社主導の会見ではなく、二人が主導する会見だったので本気度が十分に伝わってきました。

内容はというと驚きましたね。宮迫、田村亮の謝罪会見というよりも、吉本興業や社長についての暴露もしているので腹をくくったのだと思います。どうでしょうね、できうる限りの会見をしたのではないでしょうか。

何度も号泣していました。正直に話をしていたのではないかと感じましたね。本人たちはずっと会見を開いて謝罪する意志があったということなので安心しました。後輩たちのこともちゃんと気にかけていましたね。

ただし、最初に嘘をついて口裏を合わせてということをやっているので、なかなか信頼を回復するのは難しいかもしれません。

会社の悪い部分があったとしても、最終的にこの部分がどうしても引っかかるとおもわれます。果たして今日の会見で話していることの信憑性はいかほどか。視聴者はどう判断するでしょうね。

三つの気になる暴露発言


会見の中で語られた吉本興業の気になる部分に目を向けると三つほど気になりました。一つ目がパワハラ・ブラック企業体質ですね。圧力をかけて謝罪会見を開かせなかったこと。

二つ目が、吉本興業の株主が在京在阪のテレビ局だから大丈夫だというような認識。テレビメディアが抱えている問題ですね。

最後三つ目が、入江が主催した吉本興業の社員も参加するイベントのスポンサーと闇営業のパーティーのスポンサーが同じらしいですね。吉本興業も自社のタレントを派遣し、そこから入ったスポンサー料でギャラを支払っているとのことでした。

吉本の社員が気づかないことに気づくのは難しいといっていました。反社会勢力の問題ですから、これは説明責任がありそうですね。

吉本興業も、これで会見を開かざるをえなくなったかもしれませんね。批判の矛先が、吉本のほうに向いていけば静観することも難しくなりそうです。

二人のこれから


二人とも芸能界引退を考えていないということでしたね。事態が飲みこめてから、振り込め詐欺撲滅の寸劇をするプランも考えていたということです。これから、社会の役に立てるような活動もしていくようですから、がんばってほしいですね。


nice!(12) 

雨上がり宮迫契約解除へ、記者会見を拒否 [テレビ]

雨上がり宮迫、このまま芸能界を引退か


headache.jpg
雨上がり決死隊宮迫博之の闇営業の問題がなかなか沈静化せず、記者会見がおこなわれるかもしれないということで気になっていたのですが、記者会見をすることなく契約解除になったようですね。

結局、うその説明をしてうそがばれて、記者会見もせずにすませたという流れなので、仮にこれから吉本興業以外の所属芸人として復帰するにしても道のりは険しそうですね。

記者会見を嫌がったということは、ほかにも闇営業をやっていたのかもしれませんね。オレオレ詐欺集団に金塊強奪犯、これ以上のうそは絶対につけない状態で、メディアの質問に正直に答えないといけませんからね。

これだけ写真を簡単に取らせているとなると、また証拠が出てくるかもしれませんしね。こうするしかなかったのでしょうか。

ただ、この判断をしてしまうと後輩の人たちがかわいそうですね。初動のまちがいに巻き込まれたせいで、ちゃんとした対応ができませんでした。世間の厳しい目がずっと向けられる可能性がありますね。会見を予定していたもう一人の、田村亮がちゃんと会見を開いて後輩の復帰の道筋をつけてあげてほしいと思いますね。

契約解除を惜しむ声も


ナイナイ岡村隆史、サッカーの本田、ダルビッシュ、トロサーモン久保田、飛び石連休藤井、土田晃之、FUJIWARA藤本、エハラマサヒロなど、続々とコメントを出していますが惜しむ声が多いですね。

芸能界が裏の世界とつながっているのはなんとなく知ってはいますが、いまはこれだけ企業のコンプライアンスをいわれる時代ですから、気をつけてほしかったですね。

膿を出すとなると、収拾がつかなくなるのかもしれませんけど転換点にしてもらいたいですね。ファンということではありませんけど、いつもテレビで見ている人が急にいなくなるのは少し寂しい気がします。

nice!(5) 

まなの本棚、芦田愛菜が100冊の本をオススメ [テレビ]

日本文学などあらゆるジャンルから本を紹介


book.jpg
芦田愛菜の初の書籍「まなの本棚」が18日に発売されました。古事記、蜘蛛の糸、ぐりとぐらなど、とっておきの約100冊を紹介してくれるそうです。中学生で、こうしてたくさんの本を紹介できるのはすごいですね。読書家で年間100冊読むそうです。トータルでは、絵本なども含めて1000冊以上は読んでいるそうです。

テレビで見ても話す内容がしっかりしていますし、思慮深さや聡明さが十分に伝わってきますから、納得ですね。

2年前のテレビの番組の中で、一番魂が震えた本を聞かれて、山中伸弥教授の自伝「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」と答えていましたね。

山中教授が、「人間万事塞翁が馬」という言葉を座右の銘にして、努力している姿に感銘を受けたとのことですね。

人間万事塞翁が馬というのは、昔の中国の話に由来します。塞翁というおじいさんと息子が登場人物です。
物語のあらすじは塞翁が飼っていた馬が逃げ出します。するとその馬が立派な馬を連れて帰ってくるわけです。

立派な馬に息子が乗っていると今度は落馬をして足に障害が残る大怪我をします。すると今度は隣国との戦争が始まります。しかし息子は足に障害があるために戦争に行かずにすみました。

塞翁が、近所の人たちが一喜一憂するのをよそに、先のことがどうなるかはわからないと、常に平然としていたという話ですね。

この言葉のとおりなら、いままでに本を読まなかったからといって気にすることはない、ということになるのではないですか。ひょっとすると、本を読んでいないことによって、これから何かが生み出されるのかもしれませんね。楽しみにして待つことにしましょう。

読書家について


筆者は、ほとんど本を読まないので、本を読むことについてはよくわかりませんが、ネットを見ていると読書といっても千差万別、人によっていろいろとスタイルがあるようですね。

本というのは、最初から最後まで読むものだと思っていましたが、必ずしもそうではないようです。見たいところだけ見るという人がいましたね。そして、切り取る。えっ。

積読(つんどく)というのもあるようですね。本を買っておいて積んで置くのだそうです。そして見たくなったら見る。本を熟成させてから読む。。熟成。。よくわかりません。

本を好きな人は古本屋さんに何時間もいられるっていいますね。本の匂いもたまらないそうです。本の並べ方をみれば、店主がどれだけ本を好きな人間かわかるそうです。

ディープな世界だといえるでしょうね。

nice!(5) 

コロンビア人がコカインの密輸に失敗したのはなぜなのか [海外]

男はどこで間違えたのか


16日に、スペイン・バルセロナのエルプラット空港で、約500グラムのコカインを隠し持っていたコロンビア人の男が逮捕されたとのことですね。末端価格は3万ユーロ(約360万円)超になるということですね。
matatabi.jpg
出典:afp
写真の左側、男はカツラをつけていますけど、これは何か見覚えがありますね。時代劇でよくみるタイプのカツラではないでしょうか。これは、おそらく股旅の髪型を模したタイプタイプのカツラですね。たしか、忍者の風車の弥七も似たようなものをつけていました。

股旅のカツラには、町人用と兼用できるものがあるらしく、それは、むしりと呼ばれる頭頂部のふさふさしたところだけ別に取り外しができるようになっています。裏側には、頭の形にフィットするように、亀の甲羅のような形をした型がついています。

写真の右側を見ると、コカインを入れた黒い袋を横向きにテープで止めていますよね。黒い袋を縦に貼り付けるべきでした。そして甲羅のなかに袋を収めるようにして縦にカツラをつければ凹凸がそろって少しは沈みますから、より股旅らしさが出せたのではないでしょうかね。

でもこれを準備するのに仲間と一緒にやっていると思うんですよね。仲間のチェックは、クリアしているということになります。

今回は、男の落ち着きがなくて怪しかったということで捕まりましたが、これがもしも、ちゃんとした股旅として堂々としていたらすり抜けていた可能性は高いですね。

中国の運び屋


運び屋が運ぶのは、クスリだけには限らないようです。中国では、かつてiPhoneの大量密輸を試みた運び屋がいました。おさらいしてみましょう。

動きがロボットみたいにカクカクしていて怪しかったそうです。すぐに捕まりました。
iphonechina.jpg
出典:人民日報
仲間A「よし、つけ終わったぞ。」
仲間B「ちょっとおまえ歩いてみろ。」
運び屋「わかった。どうだ、これでいけるか?」
仲間A、B「ああ、無問題だ。急ごう。」
タグ:カツラ 密輸
nice!(8) 

アラン・チューリングに決定、イギリス新50ポンド紙幣の肖像 [海外]

アラン・チューリングとは


fiftyponds.jpg
出典:BBC news
イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像にアラン・チューリングが選ばれたそうです。イングランド銀行(英中央銀行)総裁が15日に発表しました。

アラン・チューリングは、チューリングマシン、チューリングテストをはじめいたるところに名を残しているような数学の天才で、第二次世界大戦の時には暗号解読機を開発しました。

このおかげで、ナチスのエニグマ暗号機の暗号を解読することができたそうです。もしも解読ができていなければ、連合国軍が勝利できなかったかもしれないとのことですね。

この解読にかかわる攻防は、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」という映画にもなっているようです。

数々の輝かしい実績を上げたチューリングでしたが、1952年に少年と性的な関係を持って有罪になったそうです。禁錮刑の代わりに、薬品投与による化学的去勢を伴う保護観察処分を選び、1954年に41歳の若さでなくなりました。青酸カリを服用していたことから、自ら命を絶ったのではないかといわれているようですね。

初期のコンピューターの開発に尽力したり、人工知能(AI)の父と呼ばれていたり、いまとなっては高く評価されているようですが、暗号の解読が世間に知られたのもなくなってから20年も後のようですから、売れない画家のような人生だったのかもしれませんね。

その後、著名人の署名活動などを経て、2013年になってようやく、エリザベス女王からチューリングに対して死後恩赦が与えられたそうです。2017年には「アラン・チューリング法」が施行され、同性愛行為禁止法の下で警告を受けたり、有罪とされたりした男性たちが死後恩赦を受けて名誉を回復することができました。

選考の過程


イングランド銀行が新50ポンド紙幣の肖像に誰を採用したらいいか、国民から募集したそうです。6週間で約23万件の提案が寄せられて、その中から候補が989人に絞られました。

そこからさらに、銀行総裁による最終決定のための候補者リストが作られたそうですが、そこには、スティーヴン・ホーキング博士などが含まれていたようですね。

日本も募集してみたら面白そうですよね。織田信長か坂本竜馬かポケモンか、盛り上がりそうです。
nice!(7) 

ウルル(エアーズロック)が10月から登山禁止へ [環境]

ウルルが登山禁止になった経緯


ururu.jpg
オーストラリアにある世界遺産のウルルが、今年の10月下旬から登山禁止になるそうです。アボリジニ、先住民、なんていえばいいのでしょうか、ちょっとよくわかりませんが先住民としておきましょうか、の聖地として有名なウルルですが、一部の人たちから、登山の観光地と化していることにずっと批判の声があったそうです。ようやくその声が届いたということのようです。

もともと18世紀に、イギリスの白人が入ってきて植民地化し、土地を奪ったり粗暴なことをしました。20世紀以降は子供を親から引き離すというようなこともやっていたようですね。

20世紀後半になってはじめて、過ちに気づいて市民権の獲得ができたのが1967年だそうです。2008年に、当時の首相が謝罪して、ようやく和解のムードが形成されたようですね。

オーストラリアは、こうして共存共栄の道を探っていっているということなのでしょう。

自然を信仰する


日本でも富士山をはじめ、山というのは信仰の対象になることが多いですが、自然の岩に畏敬の念をもって崇拝するというようなこともありますよね。

山の上に、とんでもないバランスで大きい岩がのっかっていたりします。すると、何かそこに特別な意味合いを感じ取るわけですね。これは人類に共通する感覚なのでしょうかね。それとも、もともと同じような感性を持っていたグループの人たちが長い時間をかけて離れ離れになっているのでしょうか。

たまにテレビを見ていたら、巨大なUFOが上から落としたものだと論陣をはって完全に論破される人がいますね。それが、ウルル周辺にも同じようにUFOの話をする人がいるらしいんです。UFOいる説は、50%ぐらい見ておいたほうがいいかもしれませんね。

今後のウルルは


今行くと、登山のほかに電動二輪車のセグウェイでまわりを一周したり、ヘリコプターで上空から眺めたり、夜間はライトアップされたりして色々楽しめるようです。

現在、駆け込みの需要もあいまって年間30万人以上が訪れる人気スポットになっていますね。登山が一番の人気になっているそうなので、観光客は減ると予想されているようです。登山以外にも楽しめることをさらに考えて、観光地として続いていったらいいですね。

先住民の中には、観光ガイドをしたりして生計を立てている人もいるようですから、これからうまくやっていってほしいですね。

nice!(8) 

世界一硬いヒメダイヤとは?絶賛公開中 [研究]

ヒメダイヤとは


himedaiya.jpg
出典:産経新聞
現在、文部科学省において世界一硬いとされるダイヤモンドが公開されているそうです。期間は2019年7月1日(月)~2019年8月9日(金)になっていますね。

愛媛県の地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)の入舩徹男(いりふね・てつお)教授(65)が中心となって開発した世界でもっとも硬いナノ多結晶ダイヤモンドで、この人工ダイヤモンドの名前は、ヒメダイヤというらしいです。

黄色っぽい色をしているのは、窒素が関係しているようです。みかんの黄色、みかんといえば愛媛のヒメ、愛媛大のヒメ、いろいろかかっているようですね。

入船教授は、もともとは畑の違う玄武岩の研究をしていたらしいですね。玄武岩の試料に高温で圧力をかける実験をして失敗したのですが、そのときに実験装置のなかに、きらきら光るダイヤモンドのようなものを目にしたのだそうです。

それが頭の中に残っていて、後に愛媛大学の助教授になったときにダイヤモンドの研究につながったとのことですね。

ヒメダイヤの特徴


通常のダイヤモンドは、単結晶といってある方向に力が加わると弱いそうです、劈開(へきかい)性という性質があるらしいです。10ナノメートルの多結晶が、ぎっしり詰まっているのでそうした弱点を克服しているそうです。

特殊なレーザーを使うと加工もしやすいそうで、ヒメダイヤを難易度が高いとされる、まん丸の球体に加工していましたね。乳棒や乳鉢にも加工してしました。

こうした技術が使われて、さらに精密な機械が作られると思うとわくわくしますね。価格はどうでしょうね。調べても出てきませんが、宝石にするのは、キラキラしていないから難しいですかね。黄色がそのうちとれて無色透明にはできるかもしれないそうです。

ダイヤモンドといえば


ダイヤモンドというと、筆者にも頭の中に残っていることがあります。ゴルゴ13の死闘ダイヤ・カット・ダイヤという有名なエピソードですね。

依頼を受けたゴルゴが、巨大なダイヤモンドをライフルの一撃で粉々にするんです。その仕事をする前に、加工職人のおじいさんの元を尋ねて、実演してもらうのですが、おじいさんが言うには、ダイヤモンドには急所があるらしく、のみで一突きして見事に粉々にしてしまいました。

プルッツフォン・ポイント


ゴルゴだったら、ヒメダイヤを粉々にできるんじゃないか。

この世に存在する全ての物体は、分子の集合によって成り立っている。その中でも鉱物は特異な構造を持ち、その分子集合体の凝集力の一番弱い箇所に衝撃を与えると、その分子間の連鎖反応により極めてたやすく物体は破壊される。この物体の臍とでもいうべき箇所は、学術的にプルッツフォン・ポイントと呼ばれる。たとえば、地球上で最強の硬度を持つダイヤモンドにおいても、そのプルッツフォン・ポイントを見極めれば、鑿の一撃で一瞬にして粉々にすることも可能である。しかし、このポイントを見つけるのは至難の業であり、先に例を出したダイヤモンドのカット職人でも30年近くの修行が必要だという。民明書房刊「分子核構造その理論より」


民明書房?まあいいでしょう。プルッツフォン・ポイント、覚えておいて損はなさそうです。


タグ:ヒメダイヤ
nice!(10) 

高校野球鹿児島県予選 55-0について考える [スポーツ]

都道府県大会のルールを変えたほうがいいのでは


baseball.jpg
高校野球の予選大会が各地で始まっていますね。鹿児島大会の2回戦で55-0という信じられないような試合がありました。

初回に25点。2回3回と追加点をして最終的に5回コールドで試合が終了しました。負けたチームの部員は10名。初回からリリーフをしたキャプテンは232球を投げたそうです。

あきらめずによくやった。いい顔をしている。本人たちが納得してやっている。賛美の声があふれていますがどうなんでしょうね。

高野連の出す数字と違って、中体連のデータを見ていると、野球をする子どもの数が少子化のペース以上に加速度的に劇的に減少していっています。

実際に高校野球でも、人数が足りなくてチームが組めなくあるケースも出てきました。連合チームで数種類のユニフォームを着ているチームも出てきているようです。

部員は女子マネージャーのただ一人、こんな新聞記事もみましたね。高校野球は部員の数に女子マネージャーの数も含んでいますし、借りてきたような他の部活の選手もカウントするので、実際にはそこから1割少なく見ておかないといけないでしょうね。

これから無理やりチームを編成する高校が増えて、力量差がありすぎるような対戦が増えるような気がしています。3回までに点差が30点ついたら試合を終了するなど新しくルールを整備したほうがいいと思いますね。

球数制限について


球数問題もありますね。もしもキャプテンに球数制限があったら今日の試合はどうなっていたのだ、というようなことを高校野球ファンはいうわけです。

アメリカだとMLBがピッチスマートといって○球投げたら○日休養するというように、児童の球数制限の指針を出していますね。それに基づいて児童の体をケアしようと指導者たちは試みているようです。

日本では、甲子園のビジネスと感動ポルノを優先するあまりに児童の体のケアがおざなりになっていますね。

高野連が、先進的な新潟高野連の提案を一蹴した件も記憶に新しいところです。

高校野球というのは非常に特殊な世界で、主催している朝日新聞、毎日新聞、高野連に問題意識がありません。高校にも問題意識がありません。高校球児も最後の大会なので気にしません。夢の舞台なので、体はどうなってもいいと思っています。家族も熱心に子どもを応援します。高校野球ファンも熱心に足を運んで応援します。テレビの前の視聴者も、ボロボロになった投手を見て感動ポルノを楽しんでいます。

付け入る隙がまったくありませんね。

nice!(9) 

アメリカで野球のストライク判定を機械化 トラックマンとは? [スポーツ]

ストライクとボールをトラックマンが判定


野球のアメリカ独立リーグ、アトランティック・リーグのオールスター戦で、トラックマンによるストライク、ボールの判定がプロで初めて実施されたとのことですね。

といっても2015年ごろに独立リーグの試合でPITCHf/xを使用したという記事がでているので、正確にはオールスター戦においてはじめて、ということだと思います。

今回の試合では、ストライクとボールの判定を完全に機械に任せたようです。これはいいとおもいますね。人間がやるとストライクゾーンに違いが生じるようですからね。審判の癖を早く見抜くことが大事だというようなことを解説の人もよく言っています。

特に野球は、ピッチャーに大きく依存するスポーツなので、際どいコースをストライクにしてもらえなかったときに崩れるシーンも非常に多く目にします。こういう部分がなくなると思いますね。機械が判定すれば全試合の最初から最後まで条件が一緒になりますからね。

審判はいらなくなる?


ただ審判が、選手にストライクとボールを伝えないといけませんし、空振りというのがありますからね。バットを振っているかどうかこの辺りの見極めにはまだまだ人間の力がいるでしょう。

また、ホームに生還するランナーがセーフになるかアウトになるか、こうしたことも見ないといけませんから、そういう部分では完全にいなくなるということはなさそうですね。審判の労働組合も関係してくるかもしれませんが。

トラックマンとは


trackmanmlb.jpg
中央の上 出典:drivelinebaseball
今回使われた機械ですが、トラックマンという名前で日本でも最近よく聞かれるようになりました。ゴルフでもデータ解析に使われています。もともとは、パトリオットミサイルのシステムで使っている軍事技術だったらしいですね。

レーダーで追尾するので投げるボールの速さはもちろん回転数など、打ったボールも同様に、打球の速さ角度など40種類の数値が正確にわかるようになっているらしいです。

MLBでは、こうしていろいろなデータを取っていくうちに、打者はフライを打ったほうがいいということが分かって、フライボール革命がおこりました。アッパースイングで大きい当たりをひたすら狙っていくという話ですね。実際にホームランの数が増えてピッチャーも大変になっているようです。

トラックマンは、日本のプロ野球でも広島カープ以外のすべてのホーム球場で導入されているとのことですね。最近では、オールスター戦でも使われるようになっています。

当初は、トラックマンの計測した数値をうつすテロップがしつこかったり、トラックマンに関する情報をアナウンサーがしつこく話すので視聴者からうんざりする声も聞かれました。

これから、だんだんと浸透していくのではないでしょうか。MLBともほとんど時間差がなく導入されているのでプロ野球界もがんばっていると思います。

日本のプロ野球の技術向上にぜひ役立ててほしいですね。

nice!(3) 
前の10件 | -